2020年5月15日金曜日

数珠の繰り方(浄土宗)

浄土宗の数珠について

数珠は「数をとる」法具です。

浄土宗においては「念仏の数をとる」大切なもの。

お念仏の数を数えるには数珠をどのように扱うのか?

それを動画にしました。




普段は左手首にかけます。

合掌するときは両親指にかけ、手前に垂らします。

浄土宗の数珠は

①荘厳数珠(僧侶のみ)

②百八数珠

③日課数珠

④百万遍数珠

の4種あります。

手元に百万遍数珠がありませんので、動画では3種のみご紹介しました。

いずれは百万遍数珠もご紹介いたします。









真身観文(しんじんがんもん)③

 (本文) 阿難(あなん)まさに知るべし。 無量寿仏(むりょうじゅぶつ)の身(しん)は、 百千万億(ひゃくせんまんのく)の夜摩天(やまてん)の 閻浮檀金(えんぶだんごん)の色(いろ)のごとし。 (現代語訳) 阿難(あなん)よ、以下のことを知るべきです。 阿弥陀仏のお身体の色は、百...