2020年5月15日金曜日

数珠の繰り方(浄土宗)

浄土宗の数珠について

数珠は「数をとる」法具です。

浄土宗においては「念仏の数をとる」大切なもの。

お念仏の数を数えるには数珠をどのように扱うのか?

それを動画にしました。




普段は左手首にかけます。

合掌するときは両親指にかけ、手前に垂らします。

浄土宗の数珠は

①荘厳数珠(僧侶のみ)

②百八数珠

③日課数珠

④百万遍数珠

の4種あります。

手元に百万遍数珠がありませんので、動画では3種のみご紹介しました。

いずれは百万遍数珠もご紹介いたします。









仏説阿弥陀経①

 釈尊が説かれた多くの経典の中で、 浄土宗は『無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』の 三経典を所依(しょえ)の経典として大切にします。 この三経典を法然上人は 『浄土三部経』と名づけられました。 これらの概要は先にこのブログ内で上げています。 「浄土宗の教え第1部 浄土三部経」 ...