2021年6月10日木曜日

仏説阿弥陀経①

 釈尊が説かれた多くの経典の中で、


浄土宗は『無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』の


三経典を所依(しょえ)の経典として大切にします。


この三経典を法然上人は


『浄土三部経』と名づけられました。


これらの概要は先にこのブログ内で上げています。



「浄土宗の教え第1部 浄土三部経」

https://hourinji.blogspot.com/search/label/%E6%B5%84%E5%9C%9F%E5%AE%97%E3%81%AE%E6%95%99%E3%81%88%20%E7%AC%AC%EF%BC%91%E9%83%A8%20%E6%B5%84%E5%9C%9F%E4%B8%89%E9%83%A8%E7%B5%8C




私たち浄土宗の者にとっては、


浄土三部経の『無量寿経』の中の「四誓偈(しせいげ)」、


『観無量寿経』の中の「真身観文(しんじんがんもん)」、


そして『阿弥陀経』は特になじみ深いお経だといえるでしょう。


法輪寺のお経本には、上記のお経に加えて


『観無量寿経』の中の「下品下生」以降も収めています。


各お経につきましては、すでに上げましたので、


ご参照ください。



「四誓偈」

https://hourinji.blogspot.com/search/label/%E5%9B%9B%E8%AA%93%E5%81%88%EF%BC%88%E3%81%97%E3%81%9B%E3%81%84%E3%81%92%EF%BC%89




「真身観文」

https://hourinji.blogspot.com/search/label/%E7%9C%9F%E8%BA%AB%E8%A6%B3%E6%96%87%EF%BC%88%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%93%E3%81%8C%E3%82%93%E3%82%82%E3%82%93%EF%BC%89



「下品下生」

https://hourinji.blogspot.com/search/label/%E4%B8%8B%E5%93%81%E4%B8%8B%E7%94%9F%EF%BC%88%E3%81%92%E3%81%BB%E3%82%93%E3%81%92%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%EF%BC%89


2021年6月9日水曜日

仏説阿弥陀経②

 『阿弥陀経』には極楽浄土の様子がありありと


描かれています。


ですから、『阿弥陀経』を読むと、


「先に極楽へ往かれたあの人はこんな世界に


おられるのだなあ」と思いを馳せることができます。


『阿弥陀経』の後半は、あらゆるところにおられる


仏さまが、こぞって阿弥陀さまを賞賛し、


念仏者を護ってくださると説かれています。


『阿弥陀経』は、釈尊が「極楽はこのような世界で、


そこに阿弥陀仏という仏がおられ、極楽の人々は


このようなことをされている」


と説かれる形式をとっています。


つまり釈尊が極楽や阿弥陀仏を


紹介してくださっているのです。


お経は通常、お弟子のどなたかが


釈尊に教えを請い、釈尊が語り始める


という形になっているものが多いのですが、


『阿弥陀経』は、誰に請われるわけでもなく、


釈尊が多くのお弟子の前で自ら語り始める、


という非常に珍しい形のお経です。


この形式を「無問自説(むもんじせつ)」といいます。


釈尊自ら「この法を伝えたい!」と思われて、


お弟子の中の長老である舎利弗(しゃりほつ)さまを


名指し、「舎利弗よ」と繰り返し語りかけられるのです。


それでは次回から本文をご紹介してまいります。


2021年6月8日火曜日

仏説阿弥陀経③

 (本文)


かくの如きを我聞きき。






(現代語訳)


このようなことを、私阿難(あなん)は聞きました。






(解説)


釈尊の時代のインドでは、


教えを文字にすることなく、


口から口へと伝えていました。


ですから釈尊の著書はありません。


釈尊が涅槃(ねはん)に入られた後、


お弟子が集まって、教えをまとめました。


お弟子の中で、釈尊の側で身の回りのお世話を


長年されてきた、阿難尊者(あなんそんじゃ)は


「教えを最も多く聞いてきた人」として


「多聞第一(たもんだいいち)」と認められていました。


そこで阿難尊者が「私はこう聞きました」と


教えを言葉にし、皆がそれを認めたならば、


その言葉を復唱して、釈尊の教えを確認しました。


ですからお経の冒頭には


阿難尊者が「私はこのように聞きました」


という意味の「如是我聞(にょぜがもん)」という言葉や


「釈尊は阿難にこうおっしゃいました」


「仏告阿難(ぶつごうあなん)」という言葉が多いのです。


2021年6月7日月曜日

仏説阿弥陀経④

 (本文)


一時、仏、舎衛国(しゃえいこく)の


祇樹給孤独園(ぎじゅぎっこどくおん)に


在(ましま)して、大比丘衆(だいびくしゅ)


千二百五十人と倶(とも)なりき。


皆是れ大阿羅漢(だいあらかん)なり。


衆(しゅう)に知識せられたり。






(現代語訳)


ある時釈尊は、舎衛国(しゃえいこく)の


祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)におられて、


千二百五十人もの修行僧と一緒に過ごしておられた。


彼らはみんな偉大な阿羅漢(あらかん)の


境地に達しておられ、


人々に広く知られている。


※阿羅漢(あらかん)

 聖者が到達しうる最高位。






(解説)


釈尊ご在世の当時、インドでは舎衛国という


大都市がありました。


そこにスダッタという長者がいて、


仏教教団に土地を寄進しました。


その場所を「祇樹給孤独園(ぎじゅぎっこどくおん)」


といい、略して「祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)」


と呼ばれています。


『阿弥陀経』は釈尊が祇園精舎において、


千二百五十人ものお弟子の前で説法された


内容が説き示されています。


千二百五十人のお弟子は、


初学者ではなく、「阿羅漢(あらかん)」という


覚りの境地に達した方々ばかりであったというのです。


2021年6月6日日曜日

仏説阿弥陀経⑤

 (本文)


長老舎利弗(ちょうろうしゃりほつ)、


摩訶目犍連(まかもっけんれん)、


摩訶迦葉(まかかしょう)、


摩訶迦旃延(まかかせんねん)、


摩訶倶絺羅(まかくちら)、


離婆多(りはだ)、周利槃陀伽(しゅりはんだか)、


難陀(なんだ)、阿難陀(あなんだ)、


羅睺羅(らごら)、憍梵波提(きょうぼんはだい)、


賓頭盧頗羅堕(びんづるはらだ)、


迦留陀夷(かるだい)、


摩訶劫賓那(まかこうひんな)、


薄拘羅(はくら)、阿㝹楼駄(あぬるだ)、


かくの如きらの諸もろの大弟子なり。




(現代語訳)


長老の舎利弗(しゃりほつ)はじめ、


摩訶目犍連(まかもっけんれん)、


摩訶迦葉(まかかしょう)、


摩訶迦旃延(まかかせんねん)、


摩訶倶絺羅(まかくちら)、


離婆多(りはだ)、周利槃陀伽(しゅりはんだか)、


難陀(なんだ)、阿難陀(あなんだ)、


羅睺羅(らごら)、憍梵波提(きょうぼんはだい)、


賓頭盧頗羅堕(びんづるはらだ)、


迦留陀夷(かるだい)、


摩訶劫賓那(まかこうひんな)、


薄拘羅(はくら)、阿㝹楼駄(あぬるだ)


などの多くのお弟子たちである。






(解説)


「長老」というのは、


お年寄りという意味ではありません。


修行僧の尊称であり、徳が高く出家年数の


長い僧侶のことをいいます。


本来僧侶の間には上下がありません。


ただ、集団生活をするときに順序をその都度


決めるのは非効率なので、


一定に決めておく必要があります。


そこで仏教では「出家年数の長さ」を基準にしました。


僅かな時差でも先に出家した者が序列は上になるのです。


ここに出てくる十六人の阿羅漢は、


千二百五十人のお弟子の中でも


出家年数が長い長老ばかりです。


舎利弗尊者(しゃりほつそんじゃ)は智慧第一、


目連尊者(もくれんそんじゃ)は神通第一と、


釈尊も彼らの徳を認めておられました。


2021年6月5日土曜日

仏説阿弥陀経⑥

 (本文)


ならびに諸もろの菩薩摩訶薩(ぼさつまかさつ)あり。


文殊師利法王子(もんじゅしりほうおうじ)、


阿逸多菩薩(あいったぼさつ)、


乾陀訶提菩薩(けんだかだいぼさつ)、


常精進菩薩(じょうしょうじんぼさつ)、


かくの如きらの諸もろの大菩薩、


及び釈提桓因等(しゃくだいかんにんとう)の


無量の諸天(しょてん)大衆(だいしゅ)と


倶(とも)なりき。




(現代語訳)


さらに多くの菩薩たちがおられた。


文殊師利法王子(もんじゅしりほうおうじ)、


阿逸多菩薩(あいったぼさつ)、


乾陀訶提菩薩(けんだかだいぼさつ)、


常精進菩薩(じょうしょうじんぼさつ)などの


菩薩たちがおられ、そして帝釈天などの


数え切れないほど多くの神々とも


ご一緒であった。






(解説)


阿羅漢(あらかん)の他に、


多くの菩薩(ぼさつ)や天の神々が


そこに列席して、釈尊の言葉に耳を傾けておられました。


菩薩(ぼさつ)とは、自らの覚りを目指すと共に


人々を救おうとする方です。


2021年6月4日金曜日

仏説阿弥陀経⑦

 (原文)


その時、仏、長老舎利弗(ちょうろうしゃりほつ)に


告げたまわく。


これより西方、十万億の仏土を過ぎて世界有り。


名づけて極楽という。


その土に仏まします、阿弥陀と号したてまつる。


いま現に在(ましま)して説法したまう。






(現代語訳)


その時、釈尊は長老の舎利弗(しゃりほつ)に


このようにおっしゃいました。


「ここから西へ十万億もの仏の国を


過ぎたところに一つの世界がある。


その世界を極楽という。


その国に仏がおられて、


その名を阿弥陀とおっしゃいます。


阿弥陀仏は、今現在も極楽におられて


説法されています」






(解説)


釈尊は、たくさんおられるお弟子の中を


代表して、舎利弗尊者(しゃりほつそんじゃ)を


対話の相手として説法を始められました。


遙か西の彼方に極楽浄土という世界が実在し、


そこに阿弥陀仏という仏さまがおられ、


今現在も人々を救うために説法教化


されていることが釈尊によってここに明かされます。


阿弥陀仏は、「過去におられた仏」ではなく


今現在も極楽におられることが、わかります。

仏説阿弥陀経①

 釈尊が説かれた多くの経典の中で、 浄土宗は『無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』の 三経典を所依(しょえ)の経典として大切にします。 この三経典を法然上人は 『浄土三部経』と名づけられました。 これらの概要は先にこのブログ内で上げています。 「浄土宗の教え第1部 浄土三部経」 ...