2020年11月27日金曜日

五種正行(ごしゅしょうぎょう)⑭毎日の「おつとめ」

皆さん毎日称えてくださっている「おつとめ」には

 

この五種正行(ごしゅしょうぎょう)が

 

詰まっていると言われます。

 


「浄土宗のおつとめ」

https://hourinji.blogspot.com/2020/06/blog-post_16.html

 

 

四誓偈(しせいげ)や真身観文(しんじんがんもん)など

 

浄土三部経(じょうどさんぶきょう)から

 

抜粋したお経を読みます。

 

これは「読誦正行(どくじゅしょうぎょう)」です。

 

四奉請(しぶじょう)は

 

「十方の仏さま、お釈迦さま、

 

阿弥陀さま、観音さま、勢至菩薩さま、

 

極楽におられる菩薩さま、

 

みんなこの道場にお越しください!」

 

と想像して極楽に思いを寄せます。

 

観察正行(かんざつしょうぎょう)です。

 

三宝礼(さんぼうらい)、三唱礼(さんしょうらい)では

 

礼拝(らいはい)をします。

 

これは「礼拝正行(らいはいしょうぎょう)」です。

 

念仏一会は「口称正行(くしょうしょうぎょう)」。

 

「三尊礼(さんぞんらい)」などで仏さまを讃えます。

 

また、毎日仏さまへ茶湯(ちゃとう)や

 

お仏飯(ぶっぱん)をお供えします。

 

これらは「讃歎供養正行(さんだんくようしょうぎょう)」です。

 

毎日「おつとめ」をすることが習慣になれば、

 

それが「五種正行(ごしゅしょうぎょう)」

 

の実践となるのです。

 

お念仏が癖付くように、極楽浄土を向いて、

 

日々お念仏精進してまいりましょう。

 

 

五種正行の項おわる。

仏説阿弥陀経⑪

 (本文) 四辺(しへん)に階道(かいどう)あり。 金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・ 玻璃(はり)をもって合成(ごうじょう)せり。 上(ほとり)に楼閣(ろうかく)有り。 また金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・ 玻璃(はり)・硨磲(しゃこ)・ 赤珠(しゃくしゅ)・碼碯(め...