2021年1月26日火曜日

三種行儀(さんしゅぎょうぎ) ⑥ 尋常行儀(じんじょうぎょうぎ)その五

法然上人は


「衆生(しゅじょう)仏(ほとけ)を礼(らい)すれば、


仏(ほとけ)これを見給う。


衆生(しゅじょう)仏(ほとけ)を唱うれば、


仏(ほとけ)これを聞き給う。


衆生(しゅじょう)仏(ほとけ)を念ずれば、


仏(ほとけ)も衆生(しゅじょう)を念じ給う」


と仰います。


「私たちが仏さまに礼拝し、


身体で敬いを表せば仏さまも私たちの姿をご覧くださる。


私たちが念仏を称えれば、


仏さまはその声をお聞きくださる。


私たちが仏さまのことを思った時、


仏さまもこちらのことを思ってくださる」


また数珠を繰って念仏を称えておれば、


「おうおう、唱えてくれておるか」


とご覧くださりお聞き下さり、


また「念仏申そう」と思えば


「おう、唱えようとしてくれておるなあ」


とお喜び下さるのです。


ありがたいことです。


身体で礼拝したり、数珠を繰る。


口では南無阿弥陀仏と称え、


心で「阿弥陀さま!」と思う。


身体と口と心すべてを阿弥陀さまと


極楽へ向けることができれば有り難いですね。


仏説阿弥陀経⑪

 (本文) 四辺(しへん)に階道(かいどう)あり。 金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・ 玻璃(はり)をもって合成(ごうじょう)せり。 上(ほとり)に楼閣(ろうかく)有り。 また金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・ 玻璃(はり)・硨磲(しゃこ)・ 赤珠(しゃくしゅ)・碼碯(め...