2021年4月7日水曜日

一枚起請文⑩ 浄土宗の安心(あんじん)と起行(きぎょう)

原文

「浄土宗の安心(あんじん)・起行(きぎょう)

この一紙に至極せり」

 

現代語訳

「浄土宗の安心(あんじん)・起行(きぎょう)が

この一枚の紙に言い尽くされています」

 

「極楽浄土への往生を願う」心、

 

「南無阿弥陀仏と称えれば

 

必ず極楽へ往けると信じる」心と、

 

「南無阿弥陀仏と称える」行(ぎょう)は

 

両方必要です。

 

「心(しん)と行(ぎょう)」はセットなのです。

 

この「心(しん)と行(ぎょう)」が

 

極楽へ往生するための必要十分条件です。

 

浄土宗の「心の置き所」である「安心(あんじん)」と

 

「実践」である「起行(きぎょう)」が

 

このたった一枚の紙に書き尽くされています。

 

「究極はこれ」というのが「一枚起請文」なのです。

真身観文(しんじんがんもん)③

 (本文) 阿難(あなん)まさに知るべし。 無量寿仏(むりょうじゅぶつ)の身(しん)は、 百千万億(ひゃくせんまんのく)の夜摩天(やまてん)の 閻浮檀金(えんぶだんごん)の色(いろ)のごとし。 (現代語訳) 阿難(あなん)よ、以下のことを知るべきです。 阿弥陀仏のお身体の色は、百...