2021年3月29日月曜日

一枚起請文⑪ これ以外になし

原文

「源空(げんくう)が所存、この外に全く別義を存ぜず」

 

現代語訳

「〈私〉源空(げんくう)の考えは、これ以外に

全く特別なことはございません」

 

法然上人に

 

「津の戸三郎為守(つのとのさぶろうためもり)」さま

 

というお弟子がおられました。

(以下「津の戸三郎」と表記します)

 

津の戸三郎(つのとのさぶろう)さまは、

 

鎌倉幕府の御家人、つまり武士です。

 

奈良の東大寺が、源平の争いの際に

 

平重衡(たいらのしげひら)公によって

 

焼き討ちされました。

 

その再建に法然上人のお念仏信仰の同志である

 

俊乗房重源(しゅんじょうぼうちょうげん)上人が

 

勧進(かんじん)役としてご尽力なさいました。

 

勧進(かんじん)とは、寄付集め等の重要な役割です。

 

いよいよ東大寺が再建されて

 

大仏さまの開眼(かいげん)法要を

 

勤めることになり、鎌倉からも

 

多くの武士がやってきました。

 

津の戸三郎(つのとのさぶろう)さまも

 

その中のお一人でした。

 

奈良までやってきたのだから、

 

名高い法然上人を訪ねようと思って

 

京都へ向かい、お念仏のみ教えと出会われます。

 

お伝記には「合戦の罪を懺悔(さんげ)して」

 

と記されています。

 

嫌でも戦をしなくてはならない武士の身です。

 

殺生をせざるを得ないのです。

 

それを「仕方がない」と開き直らないのが

 

ありがたいと思います。

 

「恐ろしいことをしている」という

 

自覚を持っておられたのです。

 

当時多くの武士達が

 

津の戸三郎(つのとのさぶろう)さまと同様、

 

自らの罪を恐れて

 

法然上人の元に集まってこられました。

 

当時の武士は江戸時代と違い、

 

一般には、必ずしも身分が高いと

 

認識されていなかったようです。

 

また、学問ができる武士というのはごく一部であり、

 

殆どの武士には教養がありませんでした。

 

そして武士自身がそのことを自覚し、

 

コンプレックスを持っていたようです。

 

津の戸三郎(つのとのさぶろう)さまは、

 

法然上人から、直接お念仏の尊いみ教えを聞き、

 

「この私が救われるのか!」と

 

喜んで関東へ帰られました。

 

関東で念仏を称えていますと、

 

よからぬ噂が聞こえてきました。

 

「津の戸三郎(つのとのさぶろう)は

 

無教養な人間だから、

 

法然上人も念仏を称えるだけで救われるという

 

簡単な教えを説かれたのだ。

 

教養がある人にはもっと深い教えを説かれるのだ」

 

というのです。

 

このように言われますと、

 

人によると腹を立てることもあるでしょう。

 

しかし津の戸三郎(つのとのさぶろう)さまは

 

真面目な方です。

 

心ない噂話をまっすぐに受け止め、


「もしかしたらそうかも知れない」と思われました。

 

悩んだ津の戸三郎(つのとのさぶろう)さまは、


法然上人に

 

「こんなことを言われたのですが本当でしょうか?」

 

とお手紙をしたためて尋ねられました。

 

それに対して法然上人が

 

津の戸の三郎(つのとのさぶろう)さまへ

 

送られたご返事も今に伝えられています。

 

法然上人は

 

「そのような不信の者の言うことに惑わされず、

 

しっかりと信心を持ちなさいよ」と励まされました。

 

津の戸三郎(つのとのさぶろう)さまは、

 

法然上人の励ましによって、

 

今まで以上にお念仏に励まれるようになりました。

 

お念仏は阿弥陀さまが選ばれた行です。

 

「称えれば極楽へ迎え取る」と

 

阿弥陀さまご自身が誓われているのです。

 

簡単な行でありながら、

 

凡夫(ぼんぶ)を救う、最も勝れた行だといえます。

 

簡単であるが故に、ついつい深読みして、

 

「もっと難しいことをやらないといけないのでは?」

 

と思ってしまいがちです。

 

そうではなく、「ただ願って称えるだけ」で

 

極楽浄土に往けます。

 

他に何も難しいことは隠されていないのです。 

仏説阿弥陀経①

 釈尊が説かれた多くの経典の中で、 浄土宗は『無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』の 三経典を所依(しょえ)の経典として大切にします。 この三経典を法然上人は 『浄土三部経』と名づけられました。 これらの概要は先にこのブログ内で上げています。 「浄土宗の教え第1部 浄土三部経」 ...