2020年10月6日火曜日

浄土宗のおつとめ⑧(懺悔偈〈さんげげ〉)

懺悔偈は「さんげげ」と読みます。

 

キリスト教では「ざんげ」と読みますが、

 

仏教では濁らずに「さんげ」と読みます。

 

懺という字は「さん」か「せん」としか読めません。

 

それが「ザンゲ」と読まれることが多くなったのは、

 

広辞苑によると、「ザンギサンゲ(慚愧懺悔)と熟して

 

用いることが多かったために、ザンギの影響で

 

濁音化して江戸時代にザンゲとなったか」

 

と説明されています。

 

 

(本文)

 

我昔所造諸悪業

 

(がしゃくしょぞうしょあくごう)

 

皆由無始貪瞋痴

 

(かいゆむしとんじんち)

 

従身語意之所生

 

(じゅうしんごいししょしょう)

 

一切我今皆懺悔

 

(いっさいがこんかいさんげ)

 

 

 

(書き下し)

 

我れ昔より造る所の諸(もろもろ)の

 

悪業(あくごう)は

 

皆(みな)無始(むし)の

 

貪瞋痴(とんじんち)に由(よ)る

 

身語意(しんごい)より生(しょう)ずる所なり

 

一切我れ今(いま)皆(みな)

 

懺悔(さんげ)したてまつる

 

 

 

(現代語訳)

 

私が今まで犯してきた数々の悪い行いは

 

すべて始まりのない昔から

 

輪廻(りんね)を続けてきた中で

 

「貪り(むさぼり)」・「怒り」・

 

「真理を知らない愚かさ」という煩悩をもって、

 

身体と言葉と心で生んできた行いばかりです。

 

私はそれを今すべて仏さまの前で

 

懺悔(さんげ)いたします。

仏説阿弥陀経⑦

 (原文) その時、仏、長老舎利弗(ちょうろうしゃりほつ)に 告げたまわく。 これより西方、十万億の仏土を過ぎて世界有り。 名づけて極楽という。 その土に仏まします、阿弥陀と号したてまつる。 いま現に在(ましま)して説法したまう。 (現代語訳) その時、釈尊は長老の舎利弗(しゃり...