2020年9月24日木曜日

浄土宗のおつとめ⑳(聞名得益偈〈もんみょうとくやくげ〉その一)

(本文)

 

其仏本願力ごぶつほんがんりき)

 

聞名欲往生(もんみょうよくおうじょう)

 

皆悉到彼国(かいしっとうひこく)

 

自致不退転(じちふたいてん)

 

(書き下し)

 

其の仏の本願の力、

 

名を聞きて往生せんと欲すれば、

 

皆ことごとくかの国に到って

 

自ずから不退転に致らん。

 

(現代語訳)

 

その仏の本願の力により、

 

名号を聞いて往生したいと願えば

 

皆すべての者が極楽浄土に往生して、

 

自ずから二度と退転しないようになります。

仏説阿弥陀経①

 釈尊が説かれた多くの経典の中で、 浄土宗は『無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』の 三経典を所依(しょえ)の経典として大切にします。 この三経典を法然上人は 『浄土三部経』と名づけられました。 これらの概要は先にこのブログ内で上げています。 「浄土宗の教え第1部 浄土三部経」 ...