2020年12月7日月曜日

五種正行(ごしゅしょうぎょう)⑤観察正行(かんざつしょうぎょう)

五種正行(ごしゅしょうぎょう)の


二つ目が「観察正行(かんざつしょうぎょう)」です。

 

「極楽浄土や阿弥陀さまの素晴らしさを想像すること」です。

 

「極楽ってどんなところだろう?

 

綺麗な花が咲き乱れて、美しい鳥がさえずり、

 

丁度良い気温が保たれていて

 

とても快適なところなんだろうなあ。

 

そこに嫌な人や憎い人は一人もいなくて、

 

大好きな人や尊敬する人に囲まれて

 

穏やかに和やかに暮らすことができるんだろうなあ。

 

極楽に往けば先に往生したあの人とも

 

この人とも会えるなあ。

 

そして何と言っても阿弥陀さまと会えるんだ。

 

阿弥陀さまってどんな方だろう。

 

きっとお優しい方で、こんな私を

 

包み込んでくださるような方なんだろうなあ」

 

と想像するのです。

 

浄土宗は「極楽浄土へ往きたいと願って

 

お念仏を称える者が極楽浄土へ往生できる」

 

という教えです。

 

だから「極楽浄土へ往きたいと願う」ことが大切です。

 

ところが、私たちの頭の中はこの世の損得のことばかりです。

 

好き嫌いのことばかりです。

 

勝ち負けのことばかりです。

 

それでは極楽浄土へ往きたいと願う心は育ちません。

 

ですから極楽や阿弥陀さまのことを

 

想像することをお勧めくださっているのです。

 

この世で生きていれば、辛いことや悲しいことがあります。

 

対して極楽は究極の楽土(らくど)です。

 

それを想像して、極楽への思いを育てる。

 

これが「観察正行(かんざつしょうぎょう)」です。

仏説阿弥陀経⑪

 (本文) 四辺(しへん)に階道(かいどう)あり。 金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・ 玻璃(はり)をもって合成(ごうじょう)せり。 上(ほとり)に楼閣(ろうかく)有り。 また金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・ 玻璃(はり)・硨磲(しゃこ)・ 赤珠(しゃくしゅ)・碼碯(め...