2021年1月4日月曜日

四修(ししゅ)⑦ 恭敬修(くぎょうしゅ)その六

 仏教徒同士、念仏者同士敬い合いましょう。

 

他人が念仏する姿を見て、

 

「かっこつけて」などとひがんではいけません。

 

他人が善いことをしていたら、心から喜びましょう。

 

「人を敬う」ということは、

 

簡単でありながら実は難しいことです。

 

私たちはすぐに人と比べて

 

「勝ち負け」「損得」の判断をしてしまいます。

 

仏教には「随喜(ずいき)」という言葉があります。

 

「他人がよいことをしていたら心から喜ぶ」ことです。

 

人間は隣に蔵が建つと喜ばず、妬みます。

 

そうではなく、他人の善い行為を喜ぶのです。

 

そうやって念仏者はお互いを敬い合いましょう。

 

以上、「三宝(さんぼう)を身体で敬い、言葉で敬い、心で敬う」。

 

これが恭敬修(くぎょうしゅ)です。

仏説阿弥陀経⑪

 (本文) 四辺(しへん)に階道(かいどう)あり。 金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・ 玻璃(はり)をもって合成(ごうじょう)せり。 上(ほとり)に楼閣(ろうかく)有り。 また金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・ 玻璃(はり)・硨磲(しゃこ)・ 赤珠(しゃくしゅ)・碼碯(め...