2021年1月3日日曜日

四修(ししゅ)⑧ 無余修(むよしゅ)その一

四修(ししゅ)の二つ目は無余修(むよしゅ)です。

 

「念仏一筋に」ということです。

 

阿弥陀さまは「我が名を呼ぶ者を必ず救いとろう」

 

とお誓い下さっているのに、

 

少し慣れてくると、

 

念仏だけでは物足りないような気がしてきて、

 

色んなことがしたくなってきます。

 

「般若心経を唱えた方がいいんじゃないか」

 

「座禅もいいなあ」と思ってくる。

 

でも「極楽へ往生する」ということに関しては、

 

お念仏が最も勝れています。

 

お念仏は極楽へ往生するための専門の行です。

 

「往生行」といいます。

 

「南無阿弥陀仏」一筋にお称えください。

仏説阿弥陀経①

 釈尊が説かれた多くの経典の中で、 浄土宗は『無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』の 三経典を所依(しょえ)の経典として大切にします。 この三経典を法然上人は 『浄土三部経』と名づけられました。 これらの概要は先にこのブログ内で上げています。 「浄土宗の教え第1部 浄土三部経」 ...