2021年1月2日土曜日

四修(ししゅ)⑨ 無余修(むよしゅ)その二

0歳から100歳の広告コピー』という本に、

 

『サイゾー』という雑誌の広告コピーが

 

紹介されていました。

 

「役立つ情報ばかり追いかけていると

使えない人間になりそうだ」

 

目先の欲望や興味だけを追いかけて、

 

あっちにフラフラ、こっちにフラフラしていると、

 

実際に問題が起こった時に

 

何の対処もできない人になるよ、

 

ということでしょうか。

 

救いを求めて色んなものに手を出して、

 

どれも中途半端になってしまう、

 

ということも同様です。

 

極楽浄土へ往くためには、念仏一筋でよいのです。

 

阿弥陀さまは「念仏一行でいい」と

 

一途に願って下さっているのに

 

こちらが一途になれないのが問題です。

 

極楽浄土へ往きたいならば、

 

極楽浄土の主たる阿弥陀さまの

 

御心に添う生活をすることです。

 

一筋に念仏を行ずる生活を

 

無余修(むよしゅ)というのです。

仏説阿弥陀経①

 釈尊が説かれた多くの経典の中で、 浄土宗は『無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』の 三経典を所依(しょえ)の経典として大切にします。 この三経典を法然上人は 『浄土三部経』と名づけられました。 これらの概要は先にこのブログ内で上げています。 「浄土宗の教え第1部 浄土三部経」 ...