2021年4月29日木曜日

真身観文(しんじんがんもん)②

 (本文)


仏、阿難(あなん)および韋提希(いだいけ)に


告げたまわく。


この想(そう)成(じょう)じおわりなば、


次にまさにさらに無量寿仏(むりょうじゅぶつ)の


身相光明(しんそうこうみょう)を観ずべし。




(現代語訳)


お釈迦さまは阿難(あなん)と韋提希(いだいけ)に


このようにお話しなさいました。


この観想(かんそう)ができたなら、


次には阿弥陀仏のお身体の特徴と光明を観るべきです。


※この観想…観無量寿経で真身観文の直前に説かれる

 像想観(ぞうそうかん)という観想のこと





(解説)


「真身観(しんじんかん)」は別に


「仏身観(ぶっしんがん)」ともいいます。


阿弥陀仏のお身体の特徴と、阿弥陀仏から放たれる


慈悲の光を思い浮かべてみましょう。


仏説阿弥陀経⑪

 (本文) 四辺(しへん)に階道(かいどう)あり。 金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・ 玻璃(はり)をもって合成(ごうじょう)せり。 上(ほとり)に楼閣(ろうかく)有り。 また金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・ 玻璃(はり)・硨磲(しゃこ)・ 赤珠(しゃくしゅ)・碼碯(め...