2020年8月25日火曜日

所求・所帰・去行⑪(十悪 貪欲)

先に十悪の最後の三つを

 

「限りなくむさぼる」

 

「気にくわないことがあると怒る」

 

「真理に逆らって正しくものごとを見ることができない」

 

このように表現しました。

 

この三つは私たちの「煩悩」そのものです。

 

「限りなくむさぼる」ことを

 

「貪欲(とんよく)」といいます。

 

皆さんは欲しい物がありますか?

 

もしあるとすれば、欲しくてたまらない物が

 

手に入った時の状況を思い浮かべてください。

 

本当に欲しい物が長年の苦労が成就して、

 

手に入りました。

 

手に入った瞬間は「もう他に何もいらない!」と

 

思うかもしれません。

 

しかし、その満足感は長く続かず、

 

次にまた別の物を欲しくなることでしょう。

 

「欲しい」という「欲」は「物」とは限りません。

 

お金、土地、美貌、若さ、地位、名誉、人・・・。

 

雨が降れば「晴れ」を欲しがり、

 

晴れれば「雨」を欲しがります。

 

争いが起これば「平和」を求め、

 

平和になれば「争い」を求めます。

 

いつまでたっても満足することはありません。

 

これが「貪欲(とんよく)」です。


仏説阿弥陀経⑦

 (原文) その時、仏、長老舎利弗(ちょうろうしゃりほつ)に 告げたまわく。 これより西方、十万億の仏土を過ぎて世界有り。 名づけて極楽という。 その土に仏まします、阿弥陀と号したてまつる。 いま現に在(ましま)して説法したまう。 (現代語訳) その時、釈尊は長老の舎利弗(しゃり...