2020年12月24日木曜日

安心(あんじん)② 総安心(そうあんじん)その一

 安心(あんじん)には総安心(そうあんじん)と

 

別安心(べつあんじん)があります。

 

総安心(そうあんじん)は

 

安心(あんじん)の総まとめであり、

 

「厭離穢土(えんりえど)欣求浄土(ごんぐじょうど)」

 

と表現します。

 

「穢土(えど)」とは、

 

この「娑婆(しゃば)世界」のことです。

 

「穢土(えど)を厭(いと)い離れて

 

浄土を願い求めよ」という意味です。

 

これは、「この世なんて生きてても何の価値もないんだ」

 

という、ただの厭世(えんせ)思想ではありません。

 

そうではなく、この世を正面からまっすぐに見るのです。

 

この世は思い通りにならない

 

「四苦八苦」の人生である。

 

思い通りにならずに、

 

自らを苦しめて日々を過ごしている私である、

 

ということをまず認めた上で浄土を願い求めるのです。

 

武士が戦場で目印として旗につける紋や文字を

 

旗印(はたじるし)といいます。

 

この「厭離穢土(えんりえど)

 

欣求浄土(ごんぐじょうど)」は、

 

徳川家康公の旗印(はたじるし)です。

 

徳川家は代々浄土宗なのです。

 

家康公は浄土宗の教えに基づいて、

 

日々六万遍もお念仏を称えたと伝えられます。

 

その家康公の旗印(はたじるし)が、

 

「厭離穢土(えんりえど)欣求(ごんぐ)浄土」

 

なのです。

仏説阿弥陀経①

 釈尊が説かれた多くの経典の中で、 浄土宗は『無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』の 三経典を所依(しょえ)の経典として大切にします。 この三経典を法然上人は 『浄土三部経』と名づけられました。 これらの概要は先にこのブログ内で上げています。 「浄土宗の教え第1部 浄土三部経」 ...