2021年2月3日水曜日

二河白道(にがびゃくどう) ⑮ まとめ その二

念仏信仰に入ったのに、他の人からの言葉に


容易く惑わされる私たちです。


そこに東からお釈迦さまの声がします。


「絶対大丈夫だから


阿弥陀さまの本願を信じて念仏称えて進めよ」


後ろからお釈迦さまがそう励まして下さるのです。


西からは阿弥陀さまが


「私を信じて念仏して進めよ。


間違いなく救いとってやるから」と


声をかけて下さっているのです。


「釈迦は行け、弥陀は来いよの中は我 


押され引かれて参る極楽」


お釈迦さまは「行け」と言って下さる。


阿弥さまは「来い」と言って下さる。


それを信じて念仏していけばよいのです。


お釈迦さまと阿弥陀さまが間違いないと


言って下さっているのに、


わざわざ凡夫(ぼんぶ)の言うことに


振り回されるのが私たちです。


信じるのは「仏さま」です。


凡夫(ぼんぶ)ではありません。


念仏というのは誰にでもできる非常に簡単な行です。


信仰もなく一遍だけ称えるのであれば、


本当に誰だってできるでしょう。


でも続けていくのは簡単ではありません。


そして信じ続けるということは難しいものです。


信じてからが正念場なのです。


これを「信後(しんご)の用心」といいます。


「ありがたい!」と信じた後が問題です。


色んなことがあるけれど、


お釈迦さまと阿弥陀さまのおっしゃることを信じて、


それに励まされて念仏を称えて生きていくのです。


これこそが二河白道(にがびゃくどう)の譬喩を


説かれた意味です。


仏説阿弥陀経⑪

 (本文) 四辺(しへん)に階道(かいどう)あり。 金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・ 玻璃(はり)をもって合成(ごうじょう)せり。 上(ほとり)に楼閣(ろうかく)有り。 また金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・ 玻璃(はり)・硨磲(しゃこ)・ 赤珠(しゃくしゅ)・碼碯(め...