2021年2月2日火曜日

二河白道(にがびゃくどう) ⑯ まとめ その三

最後にもう一度、在阿さまの質問に戻ります。


「生きていく中で貪りや怒りは放っておいても


どんどん湧いてくる。


でも極楽へ往生したい!という気持ちは


そこまで強くはならない。


どうしたらいいのですか?」という質問でした。


お答えになる良忠(りょうちゅう)上人は、


「貪りとか怒りといった煩悩は、


誰に教えられたわけでもないのに


どんどん湧いてくる。


これは生まれ変わり死に変わり、


輪廻(りんね)を続ける中で、


記憶にない遠い昔から


培ってきたものであるから強いのは仕方がない。


それに対して極楽往生したいという心は


最近ようやく身についたことだ。


だから弱いのは仕方がない。


二河白道(にがびゃくどう)の譬喩を


よくよく見直しなさいよ」ということでした。


自分の煩悩や他人の言葉など、


色んな誘惑があるけれど、


お釈迦さまと阿弥陀さまが、


「念仏を称えていけよ。


必ず極楽浄土へ往生することができるから」と


お示しくださるのですから、


ただそれだけを信じて念仏を称えればいいのです。


危うい時にはお釈迦さま、阿弥陀さま、


善導大師(ぜんどうだいし)、法然上人、


二祖聖光(しょうこう)上人、


三祖良忠(りょうちゅう)上人の言葉を


確認しつつ信仰の道を歩みましょう。


自分の感情にまかせていると、


好き勝手な方へと簡単に行ってしまいます。


頼りない自分自身の本質を自覚して、


危うい方向へ行かないように


今後も気をつけていきたいものです。


(二河白道の項終わる)


仏説阿弥陀経⑪

 (本文) 四辺(しへん)に階道(かいどう)あり。 金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・ 玻璃(はり)をもって合成(ごうじょう)せり。 上(ほとり)に楼閣(ろうかく)有り。 また金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・ 玻璃(はり)・硨磲(しゃこ)・ 赤珠(しゃくしゅ)・碼碯(め...