2021年1月9日土曜日

四修(ししゅ)② 恭敬修(くぎょうしゅ)その一

「恭敬修(くぎょうしゅ)は読んで字のごとく、

 

敬うことです。

 

阿弥陀さまに対して、身体で敬いを表すことを

 

礼拝(らいはい)といいます。

 

先に五種正行(ごしゅしょうぎょう)の項でもお伝えしました。



礼拝正行(らいはいしょうぎょう)

https://hourinji.blogspot.com/2020/12/blog-post_3.html


 

 

礼拝(らいはい)は敬いを表す行為なので、

 

「恭敬礼拝(くぎょうらいはい)」ともいいます。

 

阿弥陀さまに身体で敬いを表し、心を向けていると、

 

不思議と我が身の愚かさが実感されます。

 

「何と私は情けない者であるか」

 

ということを感じてくるのです。

 

ですから恭敬(くぎょう)と

 

懺悔(さんげ)は表裏一体です。

 

懺悔について


https://hourinji.blogspot.com/2020/09/blog-post_14.html


https://hourinji.blogspot.com/2020/09/blog-post_15.html

 

敬いが即ち我が身の懺悔(さんげ)に繋がるのです。

仏説阿弥陀経⑦

 (原文) その時、仏、長老舎利弗(ちょうろうしゃりほつ)に 告げたまわく。 これより西方、十万億の仏土を過ぎて世界有り。 名づけて極楽という。 その土に仏まします、阿弥陀と号したてまつる。 いま現に在(ましま)して説法したまう。 (現代語訳) その時、釈尊は長老の舎利弗(しゃり...